スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走してます。。。JP250

うーん。

はい、これが、完全な最終発行のリザルトです。sugo mfjカップのJP250です。





レースってクリーンなバトルが繰り広げられないと、続かないし、多くの人に支持されない!と思うんですよね。


違反で口頭注意?
かたや、
違反で失格?
違反内容は、後で確認できるよう、本当にしっかり可視化してる?
限られたウチウチの人たちだけで、非論理的に裁定してない?
多くの人に、納得してもらえるよう努力してる?
こんなんで、普及?
節穴みたいな目しかもってないんじゃなかろうか?
初めから、グレーって多少でも思うなら、やめろよ!
あいつがやってるなら!あなたはやるな!
その点、ジャッジは、真剣に取り組め!
レーサーもメカも、チームも、ジャッジも、主催も、それぞれの論理だけ展開してないで、誠実にやりゃーいいだけ。



参加者も観戦者も、「微妙だよね」というレースは、その場限りの内輪レースの感があるってことでしょ。

ジャッジメントに、いろいろ問題があることも多いのも事実だけど、参加者にも、問題が多いのも事実。

そして、最終的には、ジャッジメントに従わなくてはならないことを了承して、参加していることも事実。もし、問題として、とりあげるなら、所定の手続きをふんで抗議するというのが正しい。

この辺、分かっているにも関わらず、それぞれ、都合の良い論理を振りかざして、自己弁護したり、この辺まではいいよな!なんて、都合よく自分のことだけ考えている匂いがプンプン。

人のグレーゾーンには、クレームを出し、自分のグレーっぽいことには寛容?

こういうスポーツって、みんなに支持されないんじゃないw

自己満レースって、いろんな人に思われると、最終的には、自分で自分の首を絞めることになるだろうにねー。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

T.R.P. 監督

Author:T.R.P. 監督
監督 兼 メカ でございます。

レースにも出ます。

レースに興味ある方!レーサーとしてはもちろん、メカ・スタッフ志望の方、気軽に問い合わせください。

mailoto:info@trproject.jp
(T.R.P.事務局まで)

どうぞよろしくお願いします。

関 一正

*******************************

2016年度 T.R.P. 所属ライダー

・相澤 駿
・長谷川 剛史
・星 健太郎
・関 一正

最新コメント

スポンサー

住友ゴム工業株式会社

テクノイル・ジャポンK.K.

株式会社SHOEI

クシタニ 仙台店

国美コマース株式会社

株式会社オフィス・ミント

有限会社ユーキファーム丸和

有限会社アドバンス

梁川工業

ライフクラフト

トライブファクトリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。