全日本ロード 岡山

お久しぶりです。

明日より、全日本ロードレース岡山ラウンドに行ってまいります。
いつもながら、数多くの皆様に支援いただき感謝申し上げます。

J-GP2クラス ゼッケン72 T.R.P. 関 一正

初参戦のレーシングコースではありますが、
しっかりと取り組み、自分たちのレースを組み立て、多くの収穫を得てこようと思います。

レースウィークは、GS付近にてテントを張って陣取っております。

お気軽にお越しくださいませ。



1-IMG_9606.jpg
2-IMG_9607.jpg
fc2blog_201709281354532d1.jpg
fc2blog_2017092813555361b.jpg
fc2blog_201709281355294a6.jpg
スポンサーサイト

コースを横断して歩く。

車両の調子は良くなってきました。

GT開催後、コース上の4輪のレコードラインを横断すると、どこが滑るかよく分かる。
カントがどうとか、乗り方とか、セッティングの前にすり足でコースと垂直に歩くのは重要ですね。

4輪の負荷を想像しながら、横断すると、、ね。
分かる。

ルマン式スタートしたら転ぶ人もいるだろうな~~🐱



早く休もう~

明かりを落とすと、影を落としてたたずむバイクが、
自分の机から、視界に入るというのは、きっと幸せなのだと思う今日この頃。

ドライで目一杯走らせたいですね~

IMG_9582.jpg
IMG_9586.jpg

片付け

バタバタしていて、反省点の多い環境。
改善の為、整理整頓(^^)

2017-08-13 SUGOロードレース GP2

レポートは写真下にあります。

20799011_1750871774987933_7362005377567932557_n.jpg
20799341_1750871804987930_6716499139237503068_n.jpg
20882646_1750871778321266_2776468111698168992_n.jpg
20770270_1423142437769076_4466749896228602974_n.jpg
20799410_1423142381102415_6442440607934553012_n.jpg
20799455_1423142361102417_3523305128966947942_n.jpg
20800105_1423142367769083_880034441033116899_n.jpg
20800308_1423142307769089_8613873713388676571_n.jpg
20882009_1423142364435750_7298891303274284042_n.jpg
20840904_1423142301102423_8126626002090036668_n.jpg
20800278_1423142427769077_6964779648626332512_n.jpg

GP2車両によるSUGOレースでした。

8/11~13日まで雨降り確定かな?と考えて「レインテスト」を行うつもりでした。車両的には、初レインなので、大きく振って、車体の不明な点を洗い出し。
なんとなく、JSBスリックとJSBレインの違いを理解しつつ、雨想定で13日を迎えましたが、朝から天候は回復傾向となりました。
予選は、公式結果的には、ウェットコンディションですが、ライン上はドライ。予選は15分。先にセットしていたウェットタイヤで、まず計測1周だけおこないます。タイヤを少し冷やしつつ、先を少し考えながら、さらに2周して、ピットに入りました。
結果8番手でグリッド確定。

天候はみるみる回復し、青空ものぞき始めました。
前回のレース以来、初ドライ走行となります。

2週目までに自分の走りができる場所に、ポジションアップを図るべくスタート。。。しましたが、1週目のハイポイントあたりまででかなりてこずり、前走するJSBと間合いをつめつつ、走りをあわせながらの走行に徹することになりました。
前半でまず1~2台を交わすのにおそらく3周回ほどかかり、中盤で2台の団子のうち1台をかわすのにも、3周回ほどかかってしまいました。若干プッシュが甘くなってしまったのも事実です。

結果後半で、3位走行のJSBと間合いをつめつつ追走するも力及ばず、4位でチェッカーとなりました。
現状のアベレージを相当量あげていかないと、1周で前走するJSBをかわせないことが良く理解できたレースでした。また、章典のあるなしにかかわらず、予選と決勝でかなりプッシュして、クリアを確保しないと駄目なこともよくわかりました。

久々に混走のつらさを思い知ったレースでした。。。。が、相当プッシュすべきだとも認識できたので良しとしています。
決勝で良いデータを取得できなかったのがチーム的には、残念な点です。
メカニックのモチベーション低下もありますので、参戦クラスの変更も視野に入れつつ、次戦への準備をしてまいりたいとおもいます。

今回も、チームおよびスポンサーの皆様、応援に来ていただいた皆様、ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします。

夜な夜な

9日までは変則勤務。

2セットか~~。
とりあえず1セットだけにしとこうか。。。

なかなかね

なんとかうまくいくかな~と思っていても、少し目を離すと何かが崩れていくのが常。
現状維持は、自分の中では、後退と同義だけれど、維持すら難しいのが実情。
ただ、前進する気概があれば、それでいいと思う。

問題は、ライダーを取り巻く環境だ。うちの場合。ライダーを取り巻く周りの人が、同じく成長する気概がなければ、事実足を引っ張って、物事をバックさせる。維持どころではない。積み上げたものは、思慮が足りないというだけで、簡単に崩れていくもの。

知識でも技術でもない。思慮が足りない。

やりたいことを勝手にやってる暇があったら、今やるべきことを、しっかりやってほしい。それが本来正しいことは、わかるでしょう。余程なにかが欠落してなければ。

毎日、非常に忙しい。
忙しいなんて言うものじゃないなんて言う人も世の中にはいるが、うそぶいてもしょうがない。現状をしっかり把握するのが維持と脱出の最低条件。

今日もマトモに寝れないが、脱出するために最善を尽くそう。





本日は、北

出かけています。本日は北。
のどかだなぁ(^^)

中川くんの所には顔出せなそうだ。

作り物

直径100ミリもあると時間かかる(・・;)
ツバ付き。後は、割り出しです。


夜な夜な

今更ながら、ドイツGPをみながらCAD
キッズのステップも体型に合わせて少し工夫。
ドライバビリティ上がるかな?


久しぶりに50cc

50ccとは言っても、TTR50です。
散々、キッズの練習に酷使されてきましたね。
何人目なんだろう。。。
そろそろ競技に耐えれるようにOH。
コウスケ用。

それにしても、小さいピストン。小さいバルブ。
小さくなればなるほど繊細でごまかしがきかないものです。

他メーカーに対して、なかなか厳しいかもですねー。

週末の練習には間に合わないかも(・・;)


早朝から

朝早くから時間を縫って、ヘッドの仕様を決めてます。1個目。SBK見ながら。
それから、アロエ軟膏が傷に効くと監督から教わりました。しらなかった(^o^)/



2017-07-02 SUGOロードレース GP2

レポートは写真下にあります。

19621187_1526090857442439_887945200171800424_o.jpg
19466485_1526087850776073_4684447199845028951_o.jpg
19731969_1683095608432217_1960550663589905453_n.jpg
19701979_1683095605098884_534803269919570559_n.jpg
19665505_1683095601765551_3670538952139433829_n.jpg
19642531_1683095668432211_1505612053681162905_n.jpg


昨日7/2は約1年ぶりのスプリントレースでした。

久しぶりにアクセルをあけ続けました。

車両はJ-GP2車両になります。いわゆる600ccの車両にスリックタイヤを装着した車両です。
JSB(1000cc)の車両との混走レースになります。

章典は特段ありませんが、レースで実践的なデータを取得したく一定の目標をもって出場しております。
1時間弱の車両のチェック走行。

数LAPづつの前日7/1のテスト走行のみで、天候の問題からロングランのテストはなし。
昨年より、自分たちなりにいろいろ考えていたものを確認し、変更する作業を数時間で目処をつけました。

結果として、多くの実践的なデータをえることができました。
また、気づくことも多くありました。コースサイドから関係各位の大変参考になるアドバイスを多数いただき、方向付けに役立たさせていただきました。

早速、車両の方向性とパッケージングに関して、メカニックはじめチームと考え始めております。

チームオーナー、メカニックをはじめとする、TRPチーム員の皆様。
いつも応援していただいている皆様。
わざわざ来ていただき、ピット上からご声援くださった皆様(Mさん、遠方よりありがとうございます!)
ダンロップはじめ、いつもお世話になっているサプライヤの皆様。
ご声援、ご協力いただき感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

※スタートで派手にミスしてしまい、大変ご心配をおかけしました。原因は、スタート時の調整がまだ、煮詰め切れていなかったからです。燃調とかマッピングなどといいます。幸い車体の方向性は問題ありませんでしたので、すぐにポジションを復帰することに専念しました。きっちり車両を煮詰めてまいりたいと思います。
また、人間にタフさがなくなりかけてきていますので、この点も改めて性急に回復したいと思います。

※写真、拝借します!

価値

レースの存在価値というのは、

人が、もがき、這いあがりながら、多くのことに気づき、研ぎ澄まされ、その魂がエネルギーいっぱいに、光り輝くのであれば、

比類のない大事なものだと実感。

そして、その存在価値を再認識。



その人なりに、昇り詰めようとする行為で、

その人のステージや結果如何に関わらず、

多くのことに気づいて、目が輝いているのであれば、

僕はそれで満足!




始まりと終わりは誰にもわからない。

精一杯輝いてほしいね。



レースってものすごい大事なことの凝縮なんだと思いますよ。



--

香ばしい人

まるで、陰と陽のような組み合わせの工業高校生がきた。。。片方は、今、香ばしい感じで、片方は深煎りな感じ。

少しずつ向き合うとします!

お仕事忙しいし。

プロフィール

T.R.P. 関

Author:T.R.P. 関
レーサー 兼 メカ 兼 スーパーバイザー でございます。

レースに興味ある方!レーサーとしてはもちろん、メカ・スタッフ志望の方、気軽に問い合わせください。

mailoto:team@clubtribe.jp
(T.R.P.事務局まで)

どうぞよろしくお願いします。

関 一正

*******************************

2017年度 T.R.P. メインメカニック
・酒井 健太

2017年度 T.R.P. 所属ライダー

・関 一正
・坂巻 孝祐
・星 健太郎
・長谷川 剛史

最新コメント

スポンサー

住友ゴム工業株式会社

株式会社トライボジャパン

株式会社SHOEI

クシタニ 仙台店

国美コマース株式会社

Yamanaka

有限会社ユーキファーム丸和

有限会社アドバンス

梁川工業

ライフクラフト

トライブファクトリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム